コナラの木の実の田舎で投資

田舎でゆっくり投資して完全リタイア、完全FIREを目指すブログです

初めての投資は2005年、株のデイトレードから

初めての投資は、株のデイトレードでした。

 

まだ、今の田舎に引っ越す前の、工場勤務のアルバイトの夢見る青年でしたね。

 

そのころは、デイトレードで、億万長者が沢山出ていて、書店の本だなにも、沢山のデイトレード本がでていました。

 

自分も、工場のアルバイトが休みの日は、(実家暮らしだったので、暇でした。)株のデイトレードをしていました。

 

今では、インデックス投資法などが、多くの人に浸透して流行していますが、2005年当時は、デイトレードばかりで、インデックス投資法の本なんて、なかったと思います。

 

ネット証券も、デイトレーダー専用の手数料形態が豊富で、僕も、ただひたすら、本だなに並ぶ、デイトレーダーの億万長者に続けとばかりに、パソコンに張り付いてましたね。

 

ネットを見ると沢山の人が、デイトレードで、結果を残す中、僕だけは、どうしても勝てず、負け続け、最終的に、ライブドアショックで、僕のデイトレード生活に、終焉がうたれましたね。

 

その後は、工場のアルバイトも忙しくなったので、株のスイングトレード、主に、ブレイクアウト投資法で、勝負していきました。

 

ブレイクアウト投資法の感想は、後日、書きます。

 

デイトレードは、特殊な才能のある人しか、儲けられないプロの投資法だと思います。

 

そして、工場のアルバイトしながらなんて、片手間で、できるわけはありませんでした。

 

今は、デイトレードは、もっと効率が良くなり、プロの機関投資家は、コンピュータのAIでコンマ数秒単位でやっているそうですね。

 

だから、機関投資家では、人はリストラされ、デイトレードでは、AIコンピュータを管理する数人の人だけがいるだけだとか(ネットの話なので、真偽の程は分かりませんが)。

 

ただ、2005年当時、僕はデイトレードは、儲かりませんでしたが、楽しかったですね。

 

やはり、夢をみていましたから。青春ですね。

 

宝くじと同じです。

 

デイトレードで、いつか、専業トレーダーになって、豪邸に住んで、高い車に乗るんだ!

 

なんて、思いながらデイトレードをしていましたから。

 

結果は、損ばかりだったのですが、いい思い出です。

 

なんでも、経験ですね。

 

今日は、仕事も休みなので、一人で、ファミレスにでも、行っています。

 

今回書いたのは、昔の思い出でしたが、読んでいただいて、楽しんでいただけたら、嬉しいです。

 

ありがとうございました!!