コナラの木の実の田舎で投資

田舎でゆっくり投資して完全リタイア、完全FIREを目指すブログです

インデックス運用が続けられないのは、投資家の心理にある

インデックス運用が、今、流行していますよね。

 

しかし、これを長く続けて、富を築いていく人は、私は、ほんのひと握りだと思っています。

 

なぜなら、インデックス運用というのは、数ある投資手法のひとつでしかないからなんですね。

 

投資家に一番重要なのは、手法では、ありません。

 

確固たる、投資家としての強い心理、意思なんです。

 

その、意思がなければ、いくら科学的に一番、投資手法として優秀だと認められた、インデックス運用であったとしても、インデックス運用を続けることは、決してできないでしょう。

 

今は、上昇相場ですね。

 

空売りなどしていない限り、株式を持っているだけで、儲かります。

 

今は誰でも儲かります。

 

それが、大暴落が来たらどうでしょうか。

 

インデックス運用を続けることが、恐ろしくなる人もでてくるのではないでしょうか。

 

それとも、このまま上昇を続け、欲が出て、インデックス運用に満足できず、先物などに手を出したら。

 

人は、欲と恐怖で、動くと必ず投資で大損失をだします。

 

いくら、素晴らしいという、インデックス運用であっても、扱う人が、欲と恐怖心で動いていたら、必ず、大暴落で、インデックスを手放し、もしくは、インデックス運用は、つまらない、もっと儲けられないかと、インデックス運用に見切りをつけ、インデックス以外の、初心者には、いわんやプロにとってもリスクの高い取引に、手を出してしまうでしょう。

 

私は、10年以上の投資経験と、何より1000万円弱の投資損失による経験によって、インデックス運用ほど、確かなものはない、と、インデックス運用の確かさが、ふにおちています。

 

ですから、今後も、何が起ころうとも、インデックス運用を続けるでしょう。

 

どのような投資手法を扱おうとも、それの土台になる、人間の投資心理こそが、一番です。

 

インデックス運用でも、バリュー株投資でも、グロース株投資でも、確かな投資心理と確固たる意思のある人が、成功するのだと思います。

 

投資心理に関する書籍は沢山でています。

 

一冊でも勉強すれば少し、見えて来る世界も変わると思います。

 

それが、投資の成功の近道だと思っています。

 

それでは、最後まで読んでくださった方々ありがとうございました!!

 

また、よろしくお願いします!!