コナラの木の実の田舎で投資

田舎でゆっくり投資して完全リタイア、完全FIREを目指すブログです

有価証券オプション取引で、小遣いを稼ぐ

有価証券オプション取引を、最近やっていますが、預けている資金の範囲内のプット売りのみをやっています。

 

プットとは、売る権利ですが、売る権利を売るという事ですから、プット売りの価格にとどいたら、その株式を買い取らないといけません。

 

しかし、その買い取る株式が、元々欲しかった株式だった場合は、プットのプレミアムをもらって、かつ欲しかった株式を保有できますから、プレミアム分、当初、買い付けようとした、価格より安いわけです。

 

最近は、上昇相場で、プット売りが、権利行使されることがないですが、プット売りが権利行使されて、株式を引き取らないといけなくなったら、今度は、その株式のコールの売り、つまり、買う権利を売る、つまり、その値段になったら、株式を売らなければならないわけですが、コール売りのプレミアムで、儲けていきたいと思っています。

 

暴落、暴騰すれば、損失などが、でますが、それでも、オプションの売りは、ほとんどの場合、利益になります。

 

権利行使価格の近くを売らなければ、オプションのプレミアムは、時間経過と共に、落ちていきます。

 

先物オプションをやっていた時、勉強、実践していましたが、権利行使価格の近くのオプションでなければ、例えばコール(買う権利)なら、あまりにも、離れたコールを買っていると、先物が、予想通り上昇しても、ボラティリティなどの関係もあり時間経過と共に落ちるプレミアムのほうが、大きくて、コールの値段が、上昇してもびくともしないということがありました。

 

そのほかにも、オプションは、みなければならない要素はたくさんあるのですが、単純に、有価証券オプションは、預けている資金の範囲内で、オプション売りをやり、プット売りが、権利行使されても、元々、長期投資目的で、保有する株式ですから、プレミアム分安く購入できた分、私は、お得だと思って、総資産の少しの割合を、有価証券オプションの証拠金にして、オプション売りをしています。

 

毎月、小遣い程度ですが、稼げているので、いいですし、今のところ、権利行使価格になった時はないので、有価証券オプションのプット売りのプレミアムのみを受け取っています。

 

権利行使されたら、今度の小遣い稼ぎが、コール売りになるだけで、かわりませんが(笑

 

ただ、プット売りで、暴落したり、コール売りで、暴騰したら、損はしていないですが、悔しいですね。

 

おすすめするわけでないですが、毎月、数千円の小遣いを稼いでいる私の最近の投資法です。

 

最後まで読んでくださった方々ありがとうございました!

 

またよろしくお願いします!