コナラの木の実の田舎で投資

田舎でゆっくり投資して完全リタイア、完全FIREを目指すブログです

株式市場が暴落した時の対処法

株式市場の暴落した時の対処法は、人それぞれ様々あると思います。

 

コツコツ積み立てている人なら、ドルコスト平均法で、暴落した時こそ、多く積み立てるとか、保有している現金で、ここぞとばかりに、突っ込んで買い込むなど。

 

私などは、そのどちらも、使います。

 

つまり、働いたお金で、コツコツ積み立てと、万一のために保有していた現金比率で、資産の割合にもとづいて、インデックス投資信託を、買い込むわけです。

 

そのため、労働所得でも、不労所得でもいいので、現金収入は、まず、必要ですね。

 

それと、あえて投資に回さない現金を貯金しておくことも、私の場合は、必要です。

 

タイミング売買は、好きではないですが、しかし、私はタイミングを計るのではなく、あくまで、暴落した時に、現金と、投資信託の割合を、リバランスしているだけです。

 

リバランスですので、現金は、全てはつかいません。

 

そして、暴落した時は、心理面も、重要ですね。

 

例えば、YouTubeなどで、今回の暴落は、特別な暴落だ、もう終わりだ!

 

などと、煽る人がいます。

 

その、煽る投資系ユーチューバーは、本当にそう思っているのでしょうが、あまり、そういった、煽る系のYouTubeは、見ない方がいいでしょう。

 

例えば、今回のコロナショックで、悲観的に煽るユーチューバーが、かなりいました。

 

それに、煽られて、コロナショックの大底で投げ売りした人も、多いのではないでしょうか?

 

しかし、その後は、大暴騰しましたよね。

 

そこで、その、煽った投資系ユーチューバーを恨んで、チャンネル解除や、アンチになっても、お金は戻ってこないのです。

 

所詮、投資は自己責任。

 

煽る人の考えに影響されて、投げ売りしたのは、自分なのです。

 

誰も責められません。

 

自己責任ですから。

 

なので、暴落した、そんな時は、私は、インデックス投資は、15年単位の長期投資なら、マイナスになった時は無いという、しっかりしたアメリカの研究結果に基づいて、自分に、自信をもたせて、暴落した時も、保有し続けます。

 

しかし、これも、過去の研究結果なので、15年後、もし投資資産が半分になっていても、自己責任。

 

その研究結果に基づきリスク資産に長期投資したのは、自己責任と、諦めます。

 

しかし、その確率は、かなり低いと思っています。

 

市場が暴落した時の対処法。

 

収入、現金で、ここぞと、買い付け、心理面では、煽る人の言葉には耳をかさずに、確かな研究結果に基づき、投資判断を下す。

 

それが、私の暴落した時の対処法ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

みなさんの、豊かな生活願っております!!

 

また、よろしくお願いします!!