コナラの木の実の田舎で投資

田舎でゆっくり投資して完全リタイア、完全FIREを目指すブログです

せどりも、投資も儲ける方法、損する方法は、同じだなと思うこの頃です

せどりと投資を、やっているわけですが、やはり、コツはどちらも同じだなと思うこの頃です。

 

せどりは、もちろん、安く買い、高く売れば、利益がでます。

 

商売の基本ですよね。

 

私はせどりといっても、月数万円くらいの小規模副業でやっているのですが、これが、大きな規模になっても、変わらないと思うのです。

 

そして、その、せどりの安く買い、高く売るには、誰にでも真似できる再現性がある。

 

私は、最初、友達とやっていたわけですが、途中から、1人になったわけです。

 

しかし、その友達と仲が悪くなったというわけではないので、情報共有していますが、その友達も、せどりで数万円かせいでいますからね。

 

やはり、再現性が高いと思うわけです。

 

これが投資となると、やはり、投資の大原則も、安く買って、高く売るに尽きるわけです。

 

私はインデックス長期投資なので、余程のことがない限り売りませんが、例えば、バリュー投資家などは、まさに、企業価値が、本質より、安いときに買い、本質価値になったら、売るわけですよね。

 

インデックス長期投資であっても、安く買えればそれにこしたことはないわけです。

 

まさに、大暴落こそ大バーゲン、買い時なわけですよね。

 

せどり仕入れも、大バーゲンを狙って買えば有利です。

 

投資はここを間違える人が多いわけですよね。

 

株価が高くなると、もっと高くなるだろうと、飛びついて、株価の天井で、買うことになる。

 

私も、10年以上の投資経験では、この失敗が、何度もあります!後悔ばかりですね(汗)

 

まさに、高く買い、安く投げ売りする。

 

せどりに置き換えると、高く買い安く売ることは、頭が良い商売ではないなと、100人中100人全てが思うわけです。

 

それが、こと、投資となると、「うまく損切りしたんだ」「次勝つための、ロスカット、経費のようなものだ」と、なまじ、投資をかじった、アマチュアは、自分を正当化する為に、思うわけです。

 

それが、高く買い安く売るという、明らかに損する、子供でもわかる、バカな行動であるのに。全く反省しないし、学ばない。

 

そこに、投資に盲目になっている時は、気づかない。

 

せどりも、本質的価値のある、価値の下がらないものを安く買い、本質的価値で売るのが、正解なら、投資でも、本質的価値のある素晴らしい企業が、株価が市場全体の暴落で、連れ安になっているとき、または、不況で、株式市場が悲観的になっている時に買い、本質的価値に戻るまで保有して、本質的価値になった時に、売れば、儲かるわけです。

 

これは、バリュー、グロース、テクニカル、どれであっても変わらない事だと思います。

 

投資も、せどりなどの商売をやるように、冷静なそして、子供でもわかる一般常識を当てはめて投資したいものだと、自分に言い聞かせたいと思います。

 

投資もせどりなどの副業も、一発逆転のギャンブルではないですからね。

 

あくまで、商売人として、投資にせどり、その他副業をして、完全リタイア、FIREを目指していきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

また、読んでいただけたら、嬉しいです!!